FC2ブログ
連休も最終日となりましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
また明日からの活力源に・・・ジョリさんのほのぼの日記をどうぞ
豪華カラー版です

2014kid046.jpg

えー、ではマジツッコミを(笑)
繰付でこのように敵に余裕があるようでは技が甘いです(キッパリ)
確かに太刀が速い場合は沈んで浮いてくるような身法になるのと身長差もあるので、位置的には敵を見上げるようなポジションとなることもありますが、それはあくまで位置的なことだけです。
仕杖が打太刀を見上げる位置でも見下ろしているような感覚・・・仕杖が打太刀を厳しく攻めていることが繰付には必要です。
また、仕杖は打太刀の重心を浮き上がらせるようにします。ポイントはやはり杖先の攻めですね。
杖先で霞を襲い、眼窩に突き込む(腕ではなく体の動きで)・・・くらいの攻めが必要ですね。
(正しくは「杖先で霞を狙い、眉間を攻める」です)
但し、稽古では充分に注意し必ず指導者の指導に従って下さい。
そのくらいの攻めになってくると、下から見上げる表情も猛獣のように見えてくるのかと思います(^_^;)
スポンサーサイト



コメント
マジコメントを・・
確かに、毎回攻めが甘いと、色んな先生方にも指摘されています。
太刀の顔に当たると怖いので、思い切り攻めきれず、中途半端な攻めになってしまいます。
スピードをつけても、太刀の霞に当ててしまわないように、ビシッと攻められるように稽古せねば!
それにしても・・言えない・・言えません。
漫画の実物が、白髪・シミ、皺の濃い、腰痛持ちの◯◯歳なんて・・・。
どうか、訴えられませんように(笑)



2014/05/06(Tue) 16:11 | URL |  | 【編集
ん?そんな3Sありましたっけi-278
武道やっていると凛として見えますので、実は武道と女性って相性良いかもですね。
岩目地先生や私の打太刀に対してはシッカリと攻めが出来ているので大丈夫ですよe-257
あとはもっと見切りに熟練すれば、より鋭い攻めが出来るかと思いますe-287
2014/05/06(Tue) 23:12 | URL | 中村 | 【編集
参考になります。
いつも楽しく拝見しております。
入門以来、繰付用意が本当に苦手な私です。>泣

杖先を意識することは、いつも言われてきましたが
霞を狙い・・は初耳で、攻める姿勢での参考になりました。

足の開き幅と定位置がなかなか掴めず
気持ちが焦ると、どうしても太刀を
横から取りにいっているらしいです。
(自分では無意識ですが)

もっと自信をもって太刀を攻められるよう
審査までには、なんとか見れる形にしたいです。

打ち込みでは、手先だけでなく
身体全体を使うことの重要性を感じています。
2014/05/11(Sun) 19:17 | URL | 五島 鎧影 | 【編集
コメントありがとうございます。
繰付は難しい技ですが、しっかりと体捌きを行う必要があり武術として非常に重要な技ですね。
繰付においては、太刀の反応を引き出し崩していきますので、逆に霞には当たらないほうが有効かと(笑)
しかし当てるつもりで攻めるから崩せるようになるのだと思います。
足幅や踏み込み位置についても、身体に技が染み付くにつれ、身体が勝手に選択してくれるようになると思います。
身体が反応し、あとで考えたら「ああ、この間合とこの角度だから自分はここに踏み込んだのか」みたいな感じですね。
審査ガンバッテ下さいね!陰ながら応援しておりますv-220
2014/05/11(Sun) 22:14 | URL | 中村 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック