FC2ブログ
(小倉一貫堂)
小倉南武道場
10:00~12:00

■無外流居合兵道
・基本刀法
・形(水月)

■神道夢想流杖術
・形

(無外流居合兵道)
2020015.jpg

(無外流居合兵道)
2020016.jpg

(神道夢想流杖術 鍔割)
2020017.jpg

本日は、居合の基本稽古前に鏡を見ながらの姿勢チェック等をして頂きました。
私個人としては鏡を見ながらの稽古は否定派なのですが、たまにチェック程度で使うことは良いかもしれません。
スポンサーサイト



コメント
気になる疑問
いつも楽しみながら、また勉強として拝見させていただいております。
私は剣道部にいたときから、鏡稽古依存症なので、鏡稽古の否定理由について大変興味があります。
全剣連関係だと、高段者の先生もやはり鏡ばかり見ていますので…。

私が一番信頼している先生も鏡を全く見ませんが、どちらかというと、鏡以上に教本否定派です。私はどちらも依存症です。(汗)
しかし、動画や写真や文体では、実際の稽古に全く及ばないことは痛感しています。
あくまで地味な基本稽古の積み重ねをした上で、これらの媒体を利用すると、より理解しやすくなる、というのが今のところ私の考えです。
ただ、稽古時間が無尽蔵なら、こんな回りくどい過程は必要ないとも感じています。
2020/02/23(Sun) 15:46 | URL | 五島 鎧影 | 【編集
人によって違いがあると思いますので、あくまで私の場合で言うと、姿勢や形のチェックをするのも自分の感覚が一番良いような気がします。
武術は他働的な部分が多く、鏡稽古では自働的感覚が養われそうで。
ダンスとバスケの違いと言いますか。
ダンスはほぼ自働的、バスケは他働的、野球は中間・・・武術も達人の技になれば、切り落とし、合撃打ち等、自働的と言えるのかもですが、あくまで他働の中での自働かと。
人によってこの辺りの感覚は違うのだと思います。
2020/03/08(Sun) 18:07 | URL |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック