FC2ブログ
一般的に先には「先の先」「先々の先」「後の先」等がある。
また、宮本武蔵の五輪の書では「懸の先」「躰々の先」「待の先」が示されている。
先の話をするに当たって、流派等により定義が違う場合もあるので、あくまでここからは私の定義ということで御理解頂けると幸いです。

まず、「先」とは何か。
単純に考えると「先手」を取ること、「先に動くこと」と思われがちであるし、確かにそういった要素もある。
但し、それだけであると「先の先」は敵より先に動くこと、「後の先」は敵より後に動くことといったイメージになってしまう。
「先」を考える場合、例えば「先の先」であれば「こちらから仕掛ける」という理解ではなく、なぜそうするのかを考えなくてはいけない。

三つの「先」について簡単に言えば、どの間であればこちらの技が入りやすいかとなる。
「先の先」は敵の準備が整っていない時やこちらが相対的に勝っている要素で技を決めていくこと。
「先々の先」は敵の動きの起こりの隙をついていくこと。
「後の先」は敵の動きの終わりの隙、又は敵の動きを捌き、隙を作りだし、そこを攻めていくこと。
ちなみに日本語的には「~の先」は「~を取る有利」と読み替えるとわかりやすいかもしれない。
「先の先」は「先を取ることの有利」、「先々の先」は「先々を取ることの有利」、「後の先」は「後を取ることの有利」となる。
但し、「先を取れば有利」「後を取れば有利」ということではなく、どのように、どの間(タイミング)を取るのかが重要となるので、そこを記したいと思う。

まず「先の先」(「懸の先」)。これは「こちらから仕掛ける有利」であるが、それには条件があり「敵の準備ができていない」であったり「敵よりスピードで勝っている」といった条件が必要になってくる。
「先の先」(「懸の先」)は敵の準備が整っていない時や速さ・威力で相対的に勝る時に使うことができる。
「威力で相対的に敵に勝る」とは何か?例えばパンチ力が強ければ良いのか?
格闘技においては概ねそう言える。しかし武術においては例えば刃物ひとつ手にした瞬間に変わってくる。
強いパンチを打っても敵に先々の先又は後の先を取られ、パンチを打った手を斬られてしまう危険がある。急所への攻撃然り。
「先の先」は多くの要素に分類できると思う。例えば・・・「速さによる先の先」「力による先の先」「意識による先の先」「角度による先の先」「間合いによる先の先」「周囲の条件による先の先」等々・・・。
逆に言えばそういった有利な要素もなく、単純に敵より先に動くだけでは逆に敵に先々の先または後の先を取られることとなるので注意が必要である。

次に「先々の先」(「躰々の先」)であるが、これは敵の技の起こりを捉えていく先となる。
人は何か動作を起こす時に隙ができる。無意識であったり何気ないものであれば隙も小さいが、特に「思いっきりいこう」とか「強く打とう」「倒してやろう」とすると技の起こりの隙も大きくなる。
その隙を捉えていく先となる。

「後の先」(「待の先」)は敵の技が終わった瞬間の隙、又は敵の技を捌き作り出した隙を攻めていく先となる。

格闘技でも勿論これらの先は意識するしないに係わらず使われる場面はあるが、どちらかと言えばスピードと力を高め、それを使った先の先で攻める要素が大きいようである。
武術においては敵と我の条件も違い、手にしている武器も違うことが前提である。どこを攻めるか、何を使うかも不明な武術においては格闘技に比べ仕掛ける間、どう先を取るのかはより複雑となる。

神道夢想流杖術においては「後の先」の要素が大きい。
これはなぜか。
杖が想定している敵は日本刀であるが、日本刀に比べ杖が勝っている条件は得物の長さである。
形の中にはその間合いを利用し先の先、または先々の先を取っていくものもあるが、殆どは後の先を取っていく場面が多い。
これは敵の変化を考えると当然のことで、杖が先の先、または先々の先を取っていこうとしても、敵からすればほんの僅か変化すればこちらにダメージを与えることができるからである。
具体的には打太刀が仕杖の頭部に斬り懸った場合、安易な間(タイミング)でその太刀を捌こうとすれば打太刀は僅か太刀筋を変えるだけで仕杖が捌こうとしてきた手に斬りつけることができる。
従って、杖は太刀が変化できないところまで引き付けて捌いていく必要がある。
神道夢想流において杖に「斬られよ」と言われるのはこのためであろう。
形の稽古においても、これはどの先であるのかを意識し形であっても敵との間(タイミング)を読み合うことで、稽古の質を高めることができる。
面白いのは同じ形、同じ技であっても違う先となる場合があることである。
例えば着杖の斬り付けをかわしての小手打ち。後の先で打つ場合と先々の先で打つ場合があるが、先々の先で打つ場合は体を捌きながら打っていくことが必要となる。

神道夢想流杖術は非常に良くできた武術であるが、稽古体系は形稽古が主体となるので、それによりどういった状態に陥りやすいのかは常に自覚し、自らを戒めなくてはならない。
神道夢想流杖術を実戦武術として稽古するために忘れてはならない大切なことである。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック