FC2ブログ
(小倉一貫堂)
小倉南武道場
10:00~12:00

■無外流居合兵道
・基本刀法
・形(五応)

■神道夢想流杖術
・相対
・形

杖術で胴体への突きは大きく2種類に分けることができます。
倒す突きと間合いを取る突きです。
但し間合いを取る突きに関しては、ダメージを与えながらなので、どちらに比重があるかということです。
この2種類の突き、何が違うのでしょうか。
武術なので感覚で掴めていれば充分、いちいち解析することもないのですが・・・。
違いは力積と力(筋肉とかの力でなく物理学でいうところの力)のバランス、インパクトの瞬間の柔らかく当てる度合いの違いといったところでしょうか。
(正確に言えば、力積は力×時間なので「力と持続時間のバランス」なのだと思いますが、感覚的には「力積と力のバランス」のほうがピッタリくるもので・・・。)
本日の有段者の稽古では、間合いを取るための突きでいかに力積を大きくするかを稽古しました。
身体の中で最も質量が大きいのは胴体部分。何も考えないと杖先を敵の身体に触れるまでの間にその運動エネルギーを無駄に使うことになってしまいます。
杖先を敵に当てるためには身体も前に出ていきますが、コツは身体が動いても重心を残しておくこと。
そのためには体幹と足腰の強さが必要になります。
詳しくはまた改めて。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック