FC2ブログ
平成25年も残すところ、今日と明日の二日間となりました
日が経つのは早いものですね・・・一年があっと言う間に過ぎていきます
大晦日を迎えるにあたって今年一年を振り返ってみたいと思います

小倉一貫堂は昨年、平成24年8月から始まりました。
今の時点で1年と4ヶ月ですね。
今年の1月には、まりりんさんも入会されました

今年は3月に私が倒れてしまいました
原因は右の脳出血。
倒れてすぐに病院に運ばれICUへ
意識はハッキリとしていましたが、左の手足が全く動かず感覚もない状態でした。

入院は2ヶ月とちょっとでした。
退院時にはなんとか歩いたり階段の上り下りが出来るくらいに回復。
退院後もリハビリを続け、仕事に復帰し稽古も出来るようになりました
まだまだ不自由さは残っていますが、回復は続いている状態です

回復の過程やリハビリでは、武術をやっていたことが非常に役立ちました
不随意となった身体の部分を動かすのに身体と多くの対話をしました。
よく考えたら、武術の稽古の中でも身体との対話はしてきたことでした。
病院では療法士さんのリハビリプログラム以外の時間も殆ど自分でリハビリというか稽古
身体を動かす稽古ですね。看護士さんにも何回か止められたことがありました(笑)
おかげで車椅子→杖→独歩と順調に回復。
腕のほうも当初は動かず物も掴めませんでしたが、段々と回復してきました。
主治医からは極めて急速な回復だと話がありましたが、武術の身体感覚を活かせばこのぐらいの感じかなという思いでした。
また、回復期は3ヶ月、6ヶ月等の目安があるようですが、それもやはり稽古と考えれば気にする必要もないですね。
武術の稽古は一生を通じて行われるものであるし、実際、現時点でも回復が続いています
このへんのリハビリと武術についてはまた少しづつ書いていきたいと思います。

さて、小倉一貫堂の稽古に復帰したのが6月16日。
3ヶ月弱、道場を空けてしまった訳ですが、その間、岩目地先生や他の皆さんのご協力があり、小倉一貫堂の道場生は稽古を続けることが出来ました。
本当にこれは感謝してもしきれないほどです
突然のことなのに出張指導に来て下さったり、色々と動いて下さったT女史やOさん。
復帰出来るかどうかもわからない状態なのに、待っていてくれた道場生の皆さん。
慣れない中、小倉の指揮を執ってくれたり手配で動いてくれたぶーちゃんさん。

そうした皆さんのご協力が私の回復を早めてくれたのも確かです
本当にありがとうございました。

ちょっと長くなりましたので、今年一年を振り返っての第1部ということで
第2部は、審査や試合のことについて書いてみたいと思います
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック