FC2ブログ
神道夢想流杖術の稽古は、相対の形稽古が主となる。
形稽古の利点は身体の使い方や間、位置取り等の稽古がしっかりと出来るところだろう。
地稽古・・・空手で言うところの自由組手は反応や実戦の機微を養うには良いが、反面、身体の使い方が出来ていない者がすると、そのルールの中での勝ち負けに囚われてしまい小手先の動きになってしまう場合がある。
武術を志すならば実戦とはどのようなものかを常に意識しておく必要がある。
得物が「当たった」「当たらない」を基準にしていては、肉を斬っても骨を断たれることになる。

さて、形において養うことの一つ、身体の使い方には杖と身体の繋がりも含まれる。
腕と身体の芯を繋げ、腕の先にある杖も身体の芯と繋げる。
そうすることによって杖を通じて敵の動きを察したり杖に体重を乗せることも出来るようになる。
それが普通になれば小手先で動いても小手先の技ではなくなるだろう。

神道夢想流杖術の形稽古においては、敵が斬ってくるところが決まっている。自分の対応方法も決まっている。
だからこそ、実戦的な稽古となる。言っていることがおかしいだろうか。
実戦とはどのようなものかを意識している者にとっては、おかしい話でもないと思う。

自由組手や形稽古は自分にとって、とても楽しく面白い稽古である。
但し、何のためにその稽古をしているのかということを意識しておかないと稽古のための稽古になってしまう恐れがある。
例えば試合であっても、武術においては稽古の一つである。
試合や審査は短期的には良い目標となり、うまく利用すると実力向上に繋がるが、その先にあるものをしっかりと見据えておく必要がある。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック