FC2ブログ
10:00~12:00
小倉南武道場 剣道場

■無外流居合兵道
・基本刀法 ※腕の動きでなく身体の開合を遣う
・形 真、胸尽し

胸尽しで突き~真っ向斬りの間の動きは大切です。
実際に敵を想定出来ているのか、武術になっているのかで動きも違ってきます。
間と自分の制空圏は常に感じておく必要があります。
攻めの中に守りがあり、守りの中に攻めがあるのが武術です。

■神道夢想流杖道
・基本(全技)
 ※巻落では自分の身体の張りが潰れないよう
・繰付動作を使って「落とす呼吸」の稽古
・形 斜面、着杖、笠之下、一禮、寝屋之内

まりりんさんは斜面、着杖の復習。次回は水月、物見の復習にいきましょう。
ふーみんさんは笠之下の復習と一禮。
一禮は一度だけ身体を通した程度なので、細部まで。
どちらも相手との間、身体の動きともに粘る感覚がポイントになってきます。
ぶーちゃんさんは一禮の復習と寝屋之内。
これも寝屋之内は一度身体を通していたので細部まで。
体幹、足腰の強さの必要性に身体が気付いたのは流石ですね。

皆さんまだまだ杖の細かい操作に気を取られがちな部分があります。
重要なのはもっと根の部分・・・間であったり自分が守る領域であったり敵のどこにどのように当てるかといったところ。
どれも頭で判断するのではなく、感覚で感じられるようになる必要があります。
意識して稽古していればそのうち身に付いていくかと思います。
敵と自分の強弱・・・力の強弱、バランスの強弱、間の強弱、位置の強弱等を常に感じ続け、自分が弱い時は守りを強く、自分が強い時は攻めを強く・・・そんな感覚。
武術はアナログです。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック