FC2ブログ
10:00~12:00
小倉南武道場 剣道場

最近は小倉一貫堂も居合人気が高まっております
これまで道場生の皆さんは木刀で稽古してきましたが、無外流居合兵道を本格的に稽古するため居合刀の購入を検討する方が増えてきました。
どんな居合刀にするか色々迷うのも楽しいですよね

■突き(顔面パンチ)の捌き
換手を使うのと自分の腕を通して体全体の力を相手に伝える。
感覚で敵の弱い部分を攻められるように。
体全体を繋げた力を相手と触れている部分に伝えることで相手を崩す。
杖道・居合道・素手に限らず敵と自分のバランスや強弱を感じ、自然と敵の弱い部分・方向に自分の力を流す感覚を養う。

■無外流居合兵道
基本刀法の後、形は真と胸尽し。
真では、まだ足腰の安定、強い体幹が求められます。

■神道夢想流杖道
基本(抜粋)の後、繰付の相対。

マリリンさんは腕に負担をかけないよう、無手の構えと歩法の稽古。
繰付では無手で太刀を捌く稽古・・・体捌きと間合いがポイント。
何も考えなくても適正な間合いに入りたくなる感覚が武術においては重要です。

形は、斜面、鍔割、右貫、霞。
最初は、頭で考えるのも仕方ないですが、極力、体の感覚で動けるようにしていきましょう。
常に敵と自分の強弱を感じ続け、的確な間合い・ポジションに「流れていく」ことは無手の捌きと同じですね。

今日は、無手の稽古もありました。偶然にもマリリンさんの基本・相対も無手の形になりましたね。
杖道も居合道も無手も同じです。
武術に必要な感覚が身に付けば、あとは杖で表現するのか刀で表現するのか無手かということです。
杖道だから、居合道だから、杖や刀がなければ役に立たない・・・武術はそんな浅いものではありません。
まあ「術」から「道」への昇華を目指す者にとっては、取るに足りない浅い話になってしまいますが。(笑)
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック