平成26年10月25日(土)
「全国大会まであと3ヶ月・・・」とか言ってたのが昨日のことのようです。
時の経つのは早いですね。

今年で第30回を数える全日本杖道大会。
長野県松本市で開催です。

朝早い時間の新幹線で長野を目指します。
松本到着予定は13時。
目当ては勿論お昼の信州蕎麦です。

新山口で小倉チームと下関チームが合流。
席に座り車内販売でビールを買おうとしてると小倉一貫堂の生徒さんからビールとおつまみが・・・やはり持つべきものは生徒さん(?)です
ワイワイ騒ぎながら武術談義や帽子談義?や腹グロ談義??やチェック柄はファッション初心者討論会???にビールも進みます。
車内販売が来るとビールのまとめ買いするわ、上の棚には釣竿ケースがあるわで完全にオッサンです(笑)

2014kid077.jpg

名古屋からは特急しなので松本を目指します。
途中、少しだけですが御嶽山を観ることが出来ました。
未だ行方不明の方がいらっしゃるとのこと・・・一日も早いご帰宅を祈らずにはいられません。
2014kid078.jpg

さて、次回は「第30回全日本杖道大会~信濃武者修行~②観光編」をお届けしたいと思います。
スポンサーサイト
(小倉一貫堂)
10:00~12:00
小倉南武道場

■神道夢想流杖道
・基本
・相対(一部)
・形

岩目地先生に御指導頂き、とても充実した稽古となりました。
Nさんもありがとうございました



(一貫堂)
14:00~17:30
下関市民センター

■神道夢想流杖道
■一心流鎖鎌術:長柄の鎌



さて、いよいよ次の週末は長野県で第30回全日本杖道大会です。
皆さん、準備は万端ですか
試合を楽しむ気持ちで・・・あとは気楽に旅行気分で全国の仲間との交流も楽しみましょう
10月12日(日)は、無外流居合兵道振興会、山口県杖道連盟による秋季講習会・審査会が開かれました。
午前は居合道、午後は杖道です。
小倉一貫堂からは午後の杖道講習会・審査会に四名の参加です。
審査は私以外の三名が昇級審査を受験。
結果は三名とも合格。

事実を述べます。
審査受験者は全部で11名。
小倉支部3名以外の受験者7名は全員が飛び級合格。(1級受験の1名は最初から飛び級はないので除く)
私は審査員に入っておりません。
飛び級は審査員の判断で決まります。

私見です。
私の目からは飛び級対象者は1名か2名でした(飛び級の基準に異議を唱えるつもりはありませんが・・・)。
小倉支部以外の7名が全員飛び級となる基準ならば小倉支部のうち1名は確実に飛び級に入りますが、小倉だけ対象外です。

審査を受けた全員が飛び級。しかも一部の支部は対象外。
あまりにも講習会・審査会の私物化が過ぎてはいないか。

小倉支部は今年、山杖連の一部の役員から退会するよう言われています。
理由はあまりにも下らない理由なので連盟の名誉のためここでは控えます。

前回の講習会でも生徒に対する心無い発言があり、今後もこのような事が続くとしたら・・・武道家としてというより一人の人間としてあまりにも情けなく恥ずかしいことです。
杞憂に終われば良いのですが・・・。
(小倉一貫堂)
10:00~12:00
小倉南武道場

■神道夢想流杖道
・基本
・相対
・形

武術なので動きに拍子を付けないように。
そうすることで攻めの中に守り、守りの中に攻めを内包することに繋がる。
格闘技と武術の違いである。
(小倉一貫堂)
10:00~12:00
小倉南武道場

■神道夢想流杖道
・相対
・形



(一貫堂)
14:00~18:00
(17:00~18:00は自主稽古)
下関市民センター

■神道夢想流杖道